Handleのご注文方法

         f:id:editjapan:20180726092242p:plain

柄の付け替えサービス Handle(ハンドル)
https://handle.base.shop/

((愛用の包丁をリニューアルし、より愛着のわく1本に仕上げます。
ここではHandleでのご注文の流れを解説していきます。

f:id:editjapan:20180726145336j:plain

 

 


Handleサービスって?

・お持ちの包丁の柄を付け替えるサービスです

・和包丁のみ対応可能です(洋ハンドル型、ステンレス一体型は対象外)

・柄の形は八角形です(丸型やD型は10%OFF!)

・柄は天然木、カラー合板、うるしの3種類から選ぶことができます

・柄にいろいろな加工を施してオリジナリティを加えることができます

 

Handleのご注文は以下の流れとなります。

・ご自分の包丁のスペックを確認する(STEP1〜5)

・柄を選ぶ(STEP6〜7)

・柄を注文する(STEP8)

・ご自分の包丁を発送する(STEP9)

 

 

それでは、まずご自分の包丁のスペックを確認していきましょう! 

 

 

STEP1 お持ちの包丁は和包丁ですか?

Handleは和包丁の柄付け替えサービスです。
洋包丁型(洋ハンドル)やステンレス一体型は対応しておりませんのでご了承ください。

 

f:id:editjapan:20180726004255j:plain

 

 

STEP2 刀身の材料は何ですか?

Handleは大きく分けで3種類の材料に対応しています。

・ハガネ系(青鋼、白鋼、黄鋼など)

・ステンレス系(ZAD、銀三、V金10号、V金1号など)

・特殊鋼(ハイス鋼、ダイス鋼、モリブデンなど)

セラミック系などには対応しておりませんが、包丁の形が和包丁であれば、
おそらく上記3種類のうちどれかだと思います。

確認方法は、刀身に刻印か印字にされているか、購入時の箱をご確認ください。

 

STEP3 包丁の種類は何ですか?

ご自分の包丁の種類は何でしょうか?
三徳、牛刀、柳刃、ペティ、菜切など...  種類をご確認ください。

f:id:editjapan:20180622130459j:plain

 

STEP4 包丁の刃渡りは何cmですか?

ご自分の包丁の刃渡り(刃の切れる部分の直線距離)を調べてください。
これは柄の大きさを決めるために重要です。

 

f:id:editjapan:20180726005338p:plain

砥石で研ぎ続けて刃が短くなっている場合は、購入時の刃渡りを確認してください。

(刃が短くなっても、柄のなかの中子サイズは変わらないので、元々の刃渡りサイズで柄を選ぶ必要があるためです)

 

 

f:id:editjapan:20180726004229j:plain

 

 

STEP5 ご自分の包丁のスペック最終確認!

ここまでで、ご自分の包丁のスペックをおさらいしてみましょう。
Handleではざっくりと以下の分け方をしています。

 

・ペティ   刃渡り12〜15cm

・三徳&菜切 刃渡り16〜18cm

・牛刀&柳刃 刃渡り19〜23cm

・牛刀&柳刃 刃渡り24〜30cm

 

上記に記載のない種類や刃渡りでも対応できる場合がありますので、お問い合わせください。

 

1〜5まで確認ができましたら、次は柄のチョイスにうつっていきます!

 

 

STEP6 好きな柄を選んでみましょう

いまお使いの包丁の柄と同じものでもよいですが、
せっかくですので新しいものを選んで雰囲気をガラリと変えてみましょう。

柄は大きく分けで、天然木・カラー合板・うるしの3種類があります。

 

天然木は木のナチュラルな雰囲気が特徴で、木目の美しさや持った時の感触が利点です。
ラインナップは、ほおのき・ひば・チェリー・じゃら・紫檀・寿檀・黒檀の7種類からえらぶことができます。

f:id:editjapan:20180726092618j:plain

 

カラー合板は、積層合板に色をつけたものです。その頑丈な耐久性もさることながら、7色から選べるというカスタマイズ感を楽しむことができます。

ラインナップは、ベージュ・薄茶・赤・茶・チョコ・グレー・黒の7色となります。

f:id:editjapan:20180617024839j:plain

 

うるしは、日本の伝統によりこれまでも包丁に使われることはありましたが、今回は他ではお目にかかれないデザインや色をご用意しました。レストランの厨房などハードな使用環境よりは見せ包丁・飾り包丁として、もしくはご家庭での使用に向いています。

f:id:editjapan:20180617025009j:plain

さて、柄本体を選び終わったら、次は柄の加工へと進みます。
(加工はオプションですので、必ずしなければいけないわけではありません)

 

 

 

STEP7 加工でさらにオリジナリティを!

加工を施すことで、包丁全体のビジュアルをよりオリジナリティ溢れるものに変えることができます。加工は4種類あります。

 

口輪の色変更は、基本色である黒を、白か赤に変えることができます。
口輪の色が変わるだけで、雰囲気はかなり変わるのでおすすめです。

こちらは天然木のみの加工となります。
(カラー合板は口輪がありません。うるしは口輪を含めた柄全体を塗るため、せっかく口輪の色を変えても隠れてしまいます)

 

f:id:editjapan:20180726005649p:plain

 

 

リング追加は、口輪の隣にリングを挟み込むことができる加工で、ワンポイントのアクセントとして面白さが加わります。天然木なら茶・白・黒の3色、カラー合板は7色から選ぶことができます。

こちらは天然木とカラー合板のみの加工となります。
(うるしは柄全体を塗ってしまうため、せっかくリング追加しても隠れてしまいます)

f:id:editjapan:20180726010754p:plain

 

 

柄尻キャップは、柄のお尻部分に口輪と同じ木材を追加できます。

口輪とお尻部分に同素材があることで、全体のビジュアルが引き締まります。
柄尻キャップは天然木のみの加工です。

f:id:editjapan:20180726010851p:plain

 

色を変えたい場合は、「口輪の色変更」をあわせて選んでください。
このように包丁の見た目がグッと際立ちます。

f:id:editjapan:20180726015951j:plain

 

 

柄尻ななめカット

柄のお尻部分をななめにカットする加工です。
包丁全体がよりモダンにシャープな印象になります。

f:id:editjapan:20180726011606p:plain

 

ご自分の包丁にどの柄をどう着替えるかイメージできたでしょうか?ご愛用の包丁をさらに愛着のわく1本に仕上げていただければと思います。

さて、次はオンラインショップでのご注文方法について解説いたします。

 

 

 

STEP8 Handleの注文方法

それでは、実際に注文方法を見ていきましょう。

例えば、ご自分の包丁がペティ(刃渡り14cm)、
柄本体をチェリーにして、リング追加と柄尻キャップ(白)を追加する、とします。

 

 

まず、Handleオンラインショップへアクセスします。
handle.base.shop

 

f:id:editjapan:20180726112041p:plain

 

 

次に、チェリー(ペティ12〜15cm)を選択します。

f:id:editjapan:20180726113158p:plain

 

 

商品画面にうつりますので、「カートに入れる」をクリックして下さい。

 

f:id:editjapan:20180726113223p:plain

 

 

そうするとお買い物カゴページに移動します。

「リング追加」と「柄尻キャップ」を選択したいので、「お買い物を続ける」をクリックして、トップページに戻ります。

f:id:editjapan:20180726113340p:plain

 

柄の加工は商品一覧の一番下にあります。
ここで「リング追加」を選びます。

f:id:editjapan:20180726113450p:plain

 

商品ページにうつります。
今回はチェリー(天然木)を選んだので、リングの色は3種類から選択できます。
そのなかから黒を選び、カートに入れます。

 

f:id:editjapan:20180726113621p:plain

 

 

その後、お買い物カゴページにうつりますので、同じ方法でトップページに戻り、「柄尻キャップ」を選択します。

 

f:id:editjapan:20180726113911p:plain

 

ここでご注意いただきたいのが、このままだと柄尻キャップの色は標準色である黒のまま、ということです。


口輪と柄尻キャップを白にするためには、「口輪の色変更」も合わせて必要になりますので、こちらも追加します。

 

f:id:editjapan:20180726113816p:plain

 

これで商品の選択が完了しました!

支払い画面には、今後も情報入力の手間が省ける「PAY IDで購入」がありますが、今回は「ゲストとして購入」を選んでみます。

 

f:id:editjapan:20180726114336p:plain

 

こちらがお支払い画面です。
お名前、ご住所、ご連絡先を入力していただいた後、支払い方法を選ぶことができます。

f:id:editjapan:20180726114604p:plain

 

最下部にクーポンコードがあります。
Handleの柄の形は八角型が標準となっていますが、以下の場合は割引が適用となります。

 

・丸型・D型をご希望の方 →10%OFF
 ご注文の際にクーポンコード  dmaruhandle10 を入力してください

 

・弊社カスタマイズ包丁サービス「Life Knife」で包丁を購入された方 →10%OFF

 ご注文の際にクーポンコード LF10off を入力してください

 

・弊社カスタマイズ包丁サービス「Life Knife」で包丁を購入された方で、
 さらに丸型・D型をご希望の方 →20%OFF

 ご注文の際にクーポンコード LFdmaru20 を入力してください

 

 

さて、これでHandleのご注文は以上となります。

最後に、ご自分の包丁を発送についてご説明します。

 

 

STEP9 ご自分の包丁を発送する    

            f:id:editjapan:20180726150706j:plain

 ご注文が終わり弊社からの確認メールが届きましたら、包丁を弊社事務所まで元払いでお送りください。(配送方法・会社はお客様のご都合の良いもので大丈夫です)

 

    発送先:
 〒338-0002 
 埼玉県さいたま市中央区下落合1014-9-102

    株式会社エディットジャパン
    電話:048-699-7210

 

できれば包丁の刃が傷つかないように新聞紙やチラシなどで巻き、包丁全体をプチプチなどの緩衝材で包んで、ダンボールなどに入れてお送りいただくのがベストです。

(こちらもお客様のご都合の良い発送方法でかまいませんが、輸送中の紛失損傷については責任を負いかねますのでご了承ください)

 

包丁の到着後、ご購入商品に適応可能かどうかを確認させていただき、その後に柄の製作、取り付け作業に移ります。

天然木(加工付き)やカラー合板であれば完成まで1〜2ヶ月、うるしであれば2〜3ヶ月ほど納期がかかります。

 

その後、弊社からお客様へ包丁をお戻しいたします。

送料は商品購入時にいただいておりますので(全国一律1000円)、弊社元払いにて発送いたします。

包丁が到着後、中身を確認していただき、何かございましたら弊社までお問い合わせください。

 

サービスの説明は以上です。 
愛用の包丁をリニューアルする「Handle」サービスをご利用ください!

 

 

 

f:id:editjapan:20180726092242p:plain 

包丁の柄付け替えサービス「Handle」

株式会社エディットジャパン

〒338-0002 埼玉県さいたま市中央区下落合1014-9-102

電話&FAX:048-699-7210
メール: handle@editjapan.com

会社ホームページ:https://company-editjapan.jp
Handleオンラインショップ:https://handle.base.shop/